芭蕉農林について

企業理念

伊賀は三重県の北西部に位置し、地形は鈴鹿山系、大和高原、布引山系に囲まれ、 水系は大阪湾に流れ込む淀川の源流で、森林は景観形成、水源涵養等機能を発揮し ていますが、現在は、自然環境の破壊、適切な管理がされない、 また、管理が放棄された森林の増大、林業従事者の減少等、 林業の手離れが進んでいます。 (有)芭蕉農林は県内外の森林を育成するため林業部門では植栽から下刈、枝打ち、間伐、伐採を行い、 農業部門は水稲栽培及び販売を行っています。
 

会社概要

会社名
有限会社 芭蕉農林
代表者
代表取締役 中森 俊介
所在地
三重県伊賀市山畑3475
資本金
300万円
設 立
平成18年4月6日
業務内容
山林保育事業・素材生産業
国土緑化保全事業・造園土木事業
農作業の代行・請負・委託
農林産物の生産・加工・販売
各種資格
測量士・林業技士・林業架線技士
間伐推進指導員・2級土木施工管理技士
2級造園施工管理技士・森林情報士
森林施業プランナー・林業作業士

 

沿革

平成18年4月6日
有限会社芭蕉農林 設立
平成21年6月30日
えこばんび事業 設立
 有害鳥獣として廃棄処分されている鹿を
 ペット用ジャーキーに加工・販売
 有害対策と障がい者の就労支援を目的に開始
平成24年12月3日
いがまち山里の幸利活用組合かじか 設立
 三重県初の獣肉の解体処理施設をオープン
 鹿肉・猪肉をみえジビエとして販売開始
令和3年3月31日
いがまち山里の幸利活用組合かじか
えこばんび事業を閉店
Copyright 2021 有限会社 芭蕉農林. All rights reserved.